滋賀県獣医師会 ペットを飼う皆様へ
トップページ > ペットを飼う皆様へ > 予防注射・寄生虫の予防

予防注射・寄生虫の予防

ワクチンで予防できる犬の病気

ジステンバー

感染力が非常に強く、空気感染する。発熱、下痢、目やに、鼻水、神経症状などがおこり、死亡率も高い。治っても後遺症が残る。

伝染性肝炎

肝炎を主とし、下痢、嘔吐、角膜の白濁、黄疸などがみられ、一晩で死亡することもある。

犬パルボウィルス感染症

嘔吐や血液の混じったひどい下痢をおこす腸炎型と、子犬が突然死する心筋型がある。別名「コロリ病」ともいわれ、死亡率も高い。

アデノウイルス2型感染症及び犬パラインフルエンザ

一般にケンネルコフといわれ、咳、くしゃみ、などの呼吸器症状を引き起こす。空気伝播によって広がる。

犬コロナウイルス感染症

腸炎を主とし、下痢、嘔吐がみられる。パルボウイルスと混合感染すると症状はいっそう重くなる。

レプトスピラ病

感染しているネズミや犬の尿から感染する人畜共通伝染病。さまざまなタイプがあるが、肝臓や腎臓がおかされ、高熱、黄疸、嘔吐、下痢などを起こす。猟犬など山に入る機会の多い犬は予防する必要がある。

飲み薬で予防できる犬の病気

フィラリア

蚊に刺されることによってうつる寄生虫が原因です。親虫は20cmくらいのそうめん状で、犬の心臓に寄生します。その結果、犬は心臓をはじめ肺や肝臓などが悪くなり、腹水がたまったりして、衰弱するこわい病気です。一度感染してしまうと、駆除がむずかしいので、5月から12月くらいまで薬を月一回飲ませて予防することが大切です。