滋賀県獣医師会 獣医師の仕事

公衆衛生

人の健康を守る仕事

狂犬病の予防

公衆衛生犬による人の健康や安全を守るため、狂犬病予防注射の推進や野犬の保護や放し飼い防止の指導等も行っています。いわゆる「動物愛護法」に基づき、動物の適正飼養方の普及・啓発も業務の一つです。


安全な食肉の供給

公衆衛生と畜場等でと殺される牛や豚、馬、鶏等の家畜、家禽を検査し、安全な食肉の供給につとめます。平成29年4月1日以降は、生後24か月齢以上の牛のうち、生体検査において、原因不明の運動障害、知覚障害、反射異常、意識障害等の何らかの神経症状又は全身症状を示す牛について、必要に応じて、BSE(牛海綿状脳症)の検査を実施しています。


食品衛生・環境衛生の監視・指導

公衆衛生食品衛生法や、環境衛生に関わる種々の法律に基づき、営業施設への衛生指導を行っています。また、食中毒発生時の原因究明や、食中毒防止のための啓発等も行っています。